有限会社コクボフェンダー製作所

事業内容

特殊車両製作。
パトカーから霊柩車まで特殊なクルマの設計製作。
特殊福祉車両、メディア向け特殊車両及び民間企業向けの様々な特殊車両を設計、製作をしています。

会社概要

有限会社コクボフェンダー製作所

社歴

昭和3年
8月1日
静岡市音羽町230番地にて金次郎によってコクボフェンダー製作所開業
昭和14年 静岡市柚木325番地に移転。工場新設
昭和15年
1月15日
静岡大火
昭和16年 国鉄東海道本線高速化に伴い静岡市長沼653(現 渡辺機械製作所)に移転開業
昭和20年
10月27日
戦後、長沼の自宅兼工場は静岡自動車協同組合に売却されていたので千葉県海上郡清滝村清里の疎開地に復員
昭和20年
12月
米軍マッカーサー司令部より、戦犯証拠人として呼び出される。(一週間留置される)
昭和20年
12月30日
北海道新幌内炭鉱(北海道炭礦汽船株式会社)に入坑する。
昭和21年
5月
戦犯絞首刑に伴い解除され、帰宅。
昭和21年
10月
松浦氏(松浦幌製作所先代社長)の呼びかけで静岡永田工業に入社
昭和22年
1月
増田氏の呼びかけで国吉田大同産業株式会社に入社 板金部長
昭和24年
8月
大同産業株式会社、静岡トヨダ自動車と合併の為、退社。
柚木325番地に於いて小久保フェンダー製作所開業
昭和33年
6月
有限会社コクボフェンダー製作所とする。
中吉田に新工場開業
昭和43年
7月
柚木工場閉鎖
中吉田に本社機能移転